TAKE25!!

音が連れて行ってくれる

あるときは、ことばが浮かぶ。
またあるときは、風景や映像が浮かぶ。
あるいは、ドラマシーンが頭の中で生成される。
1曲の短い時間で、映画を1つみたような、どこかを旅してきたような、なつかしい場所に佇んでいたような、心地をくれる。
不思議な音楽。

* * *

ご来訪、ありがとうございます♪
麻弥子です(ノ´ ∀`)ノ

先日に引き続き、haroから新しい動画のご紹介です
まさきさんがSoundCloudにて公開されているオリジナルインスト「yet」に、図々しくも麻弥子が詞をつけて歌わせて頂きました。

【Youtube】


【ニコニコ動画】


haro 4.5th Session Musicとして公開中です。
歌詞や、オリジナルインストは、 こちら に☆(クリックで新窓オープン)

* * *

「December」は、そうでもないかなって思うけれど、まさきさんのインストに詞をつけることを試みるとき、自然と男性が主人公のシーンが浮かんで、それをことばに落とし込んでいるような気がします。
昨年にTwitterで公開した「Deep Forest」につけた詞も、意識したわけではないけれど、男性視点になっています。
音が見せてくれる風景の中に立っているのが、男性の影なんですよね。
ゼロから詞を書くときは、女性視点の方が多いように思うので、これは不思議。

と、いっても、「男性目線で思うこと」を想像するというよりも、あくまで語り手としての男性の設定、で描いているだけ。
私はどこまでいっても女性の脳しか持ち合わせていないので、そこで下手に男性目線に立ってやろうなんて思うことはありません。(笑)
それに私が頭抱えなくても、男性のリアルな心情で何かを書きたければ、まさきさんの力を借りればいいのです。
女性的な音、ことば。
男性的な音、ことば。
男女ユニットの強みのひとつだと思っています。
あ、ちょっといいこと言った。(笑)

話が少し逸れてしまいました。
そんなわけで、「yet」を聴いて私がつけた今回の詞の主人公は、男性です。
だいだいと、だいだいに照らされて影になった街の黒色、そんな景色が見えたから、こんな詞。

ギターのメロディラインに対して、副旋律で歌うことも考えたけれど、詞を書いてみたらやっぱり素直に主旋律に乗せていました。
ギターにハモるように歌うことも考えたけれど、結局ギターと並んで歌っていました。
けれど、いろんな可能性の中でたくさん遊んで、とても楽しくて、夢中で書いて、歌いました。
個人的には、最後のコーラスワークがお気に入りです。

音だけで既に完成している作品に、手を加えることを良しとしてくださるまさきさんは、たぶん菩薩かなにかの化身だと思ってる。
ちなみに私は不動明王が好き。
あっ、聞いてない?
とにもかくにも、素敵な写真MVと演奏と、それからもしよろしければ私の添えたことばと、合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです(ノ´ ∀`)ノ

* * *

最後に、オススメミュージック!(突然!)

 ◆「いとおしい人のために」(iski ver.)

iskiちゃんが歌う「いとおしい人のために」が本当に素敵だったので、ぜひ聴いて欲しい~。
冒頭のコーラスからもうミラクルが止まらないし、ふしぎ遊戯(アニメ)また観たくなったし、新シリーズ気になって仕方ない...。
ふしぎ遊戯といえば「トキメキの導火線」も好きです

私の最近のnana投稿作品のご紹介はまたどこかで(笑)

* * *

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
6月がやってきますね、景色が変わる季節、どんな音に出会えるかな。
いつもは6月ってあまり好きじゃないのだけれど、蛙の嬉しそうな鳴き声をたくさん聴けるかな、って、今年はなんだか6月が楽しみです。
IMGP4041_001.jpg
河鹿蛙の鳴き声が特に好き。

それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

yet / haro(歌詞)

作曲:まさき
作詞:麻弥子

2017/5/27公開


目に映る世界の全てが
あわいだいだい色
染まっていくのを眺めているだけ
それだけで いい気がしたよ

むずかしいこと考えたり
泣き出しそうになって
思わず上を見上げたなら
カラスと目が合う 夕まぐれ

全て笑い飛ばしてくれる
あなたに逢いたい
不器用な僕を笑うように
カラスが躍るよ 夕まぐれ

まさきさんのOriginal inst はコチラ♪

透明な風が流れてく

ご来訪、ありがとうございます♪
麻弥子です(ノ´ ∀`)ノ

5月も残すところ一週間。
初夏の風が熱を帯び始める季節に、haroより新しい動画のご紹介です♪
今回は、お久しぶりな、楽曲カバー動画!

moumoonさんの「Never look back」を演奏したり歌ったりしてみました☆
まずは、こちらの動画をご覧ください。

【Youtube版】


【ニコニコ動画】


動画は、先日旅先で撮影した風景たちです。
音とあわせて楽しんで頂けたら嬉しいです

ずっと、haroでやってみたかったmoumoonさんの楽曲カバー。
目を閉じると音の中に沈みこんでいくような感覚になれるMixで、とても気に入っています。
演奏も豪華で、音の一粒一粒が明るく弾んでいるようで、心躍りながら歌いました
ぜひぜひ、スピーカーやヘッドフォンなどでも聴いてみてくださいね。
わくわくが少しでも届いたなら、とってもハッピー

* * *

「Never look back」を聴くたびに、いつも頭の中に映し出される風景があります。
それは、海岸沿いの道から、車窓を通して見える牛窓の海。(岡山県瀬戸内市にある町です)
大学生の頃に、学科の研修旅行で一度通っただけなのですが、なぜかとても印象に残っていて。
記憶のそれが、実際の風景なのかも曖昧だけれど、いつかまた行ってみたい心惹かれる場所。
あのときは、牛窓に萬葉歌碑があるということで立ち寄って、他にはオリーブ園にだけ行ったような気がするのですが、調べてみたら、牛窓には他にも素敵なスポットがたくさんあるみたいで。
行ってみたいなぁ。

ちなみに、牛窓の海岸沿いにある萬葉歌碑(万葉集に収録されている歌を記した石碑が、その歌に縁のある土地に立てられています、あちこち)は、この歌。

牛窓の 波の潮騒 島響み 寄そりし君は 逢はずかもあらむ(巻第11-2731 寄物陳思)

ちょっぴりもどかしい、恋の歌やね。

話が逸れました。(笑)
今回は、さすがに牛窓まで撮影には行けませんでしたが、牛窓に抱く「透明なあおとみどり」に似たイメージの風景でMVを作ってみました。
海ではないけれど、同じように透明な風を感じる風景。
ほんの少しでも伝わるといいなぁ...。

* * *

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
実はもうひとつ、ご紹介したい動画があります。
近日中に公開予定ですので、こちらもぜひよろしくお願いします。
さらに、haroオリジナル新曲も制作中です。
アウトプットシーズン、来た~、って感じ。
引き続き、ゆるーくお付き合いくださいませ。


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

花色の溜息(仮題) / 麻弥子(歌詞)

作詞曲:麻弥子

2017/5/20公開音源



Ha... 大好きだなんて
Ha... 思えるときが
Ha... 来るなんて思わなかったの

Ha... ah... 
恋のためいきがこぼれる朝

* * *

透明でやわらかな、恋のうた。
ことばが降り注げば、フルサイズに進化するかもしれない。

緑のパワー

遠くに見える山、な日常。
すぐそばに大きな山が立っている、旅先での風景。
ただそこにあるだけで、癒しと、生命力を与えてくれる。
緑って、不思議だ。

* * *

先日、由布院へ行ってきました。
大分県には親戚もいるのですが、幼少の頃に一度行ったっきりで、2度目の来訪でした。
現地では(前日の豪雨が夢だったかのように)快晴だったので、レンタサイクルでもりもり寺社を巡ってみました。
とにかく坂道が多かったです、さすが山の麓。
でも、下り坂の風が気持ちよくて、右も左も緑で溢れていて、見上げたら青空で、なんだかとっても癒された気分。

IMG_20170513_144407.jpg
途中で立ち寄ったカフェ「naYa」さん。
珈琲と、メニューにあった「何かのタルト」
この日のタルトは、キャラメルとクルミのタルトでした。
美味しかったし、とてもゆっくり休憩できました♪

IMG_20170513_161252.jpg
駅を出ると、

IMG_20170513_161342.jpg
由布岳が、どーん!

旅館からも由布岳が綺麗に見えて、朝は露天風呂からも眺めることができました。
贅沢な時間だったなぁ...。
翌日は、別府ロープウェイからの遊歩道で鶴見岳山頂まで登ったり、親戚と再会したり、なかなか内容盛りだくさんな旅となりました。

1日目に訪れた大杵社境内で聴いたウグイスの鳴き声が、それはそれはとても素晴らしくて、それを聴けただけでもう、あの社まで辿り着けてよかったな、って。
ウグイス界のディーバだったんじゃないかなって、勝手に思っています。
森がいい感じのリバーブを作り出していて、聴いた瞬間に鳥肌が立ちました、鳥だけに。
ちなみに、2日目に鶴見岳山頂で鳴いていたウグイスも、なかなか良き声でした

旅先にて一眼カメラで撮った写真たちは、気が向いたときに少しずつ現像してTwitterで紹介しています。
これまでの写真と合わせて、モーメントにまとめていますので、よろしければご覧ください♪

 ◆麻弥子の勝手に写真展(クリックで新窓オープン)

* * *

最後に、嬉しいご報告。
4月に投稿しました「渡月橋~君想う~」(Short ver.)の弾いて歌ってみた動画。
Youtubeでは現在3000再生を頂いているのですが、なんと、ニコ動でも1000再生を頂きました。
これは本当に嬉しい...!



【Youtube版】


活動を始めてから5年半、ソロの歌ってみた動画では4桁はまだ見たことがありませんでした。
ミックスも何もしてない音源だけど(笑)、おまけにフルサイズでもないけれど、でも、こんなにたくさん再生してもらうことができたんだなぁって、ひとり感動しています。
ポチッと再生ボタンを押してみてくれた方に、感謝を。
観てくれてありがとうございます、聴いてくれてありがとうございます、見つけてくれてとても嬉しいです。
「えいがみた」ってコメントに笑いました、ご報告ありがとうございます、私はまだ観ていません、観たいです。

* * *

最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
ドラッグストアで、レジ横にいつも置いてあって気になってた「プロポリスのど飴」を買ってみました。
カラオケに行ったときに、さっそく威力を発揮してくれました、これは効くぞ...。
Ricolaは、マイルドなハーブ感でしたが、こちらは結構ダイレクトに喉にハーブのスッキリ感が押し寄せてきます。
歌やお喋りで疲れた喉を、短時間で回復させたい時には、オススメかもしれません


それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

旅のまにまに

あの頃に、きっともっと会えた。
でも、できなかった。
機会も人も遠ざけて、どこにも行けなかった、誰にも会えなかった。

時間がかかったけれど、私はどこにでも行けるってことを思い出せた。
行きたい場所に行ける、会いたい人に会える、とても自由で、両足は軽い。

関西に行ってきました。
IMGP3757_001.jpg
大好きな場所、昔住んでいた場所、歩いていた場所、特に予定を決めずに思いつきで。
大学からの友人たちにも会うことができて、とても幸せな時間でした。

奈良・飛火野の、いつ見ても葉っぱのない木。
IMG_20141205_145326.jpg
これが2014年で、

2017-05-01.jpg
これが2017年。

これから先、また何度でも訪れようと思う。

* * *

旅の移動中、ずっとmoumoonを聴いていました。
最近の私には、moumoonの歌詞のあちこちがふわっと浮かび上がって過去の私、過去の感情と結びつきます。
そこに痛みを伴うことはなくて、ただただ、「あぁ、そうだったな」って。
悲しみを優しさに変えてくれるような、不思議な癒し。
過去だけじゃなくて、今の私の日々動く心にもぴたりと寄り添ってくれることばがたくさんあるみたい。

人生のその時々で、きっとそういう「寄り添ってくれるもの」って変わってゆくんだと思う。
いつかの私を支えてくれた音楽があって、これからの私を導いてくれる音楽があって。
もちろん、音楽だけじゃなくて、小説も詩も写真も美術も場所も人も風景も。
きっと、私にとって一番必要なときに、代わる代わる目の前に現れてくれるんだろうなぁ。

そういえば、昨日はabemaTVを開いたら配信中だったので、映画「好きっていいなよ。」を観ました。
今日は、ドラマ「東京タラレバ娘」を観ました。
どちらもとても心が動く、セリフが心に飛び込んでくる。
恋って、どうしてこんなに勇気を必要とされるんだろう。
大勢の人前に立つわけでもない、ただ一人の誰かの見えない心に向き合うことが、こんなにもドラマになる。

でも、みんながもっと軽やかに「好きだよ」を言えたら、詩も音楽も、こんなにたくさんは生まれないかもしれないね。(笑)

10代の頃は、愛や恋や、好意を相手に伝えるなんてなんだか負けてるみたいで悔しい!という謎理論で生きてました(笑)
ほんと謎理論。
「好き」だと「弱い」だなんて。
「好き」だと「負け」だなんて。
ほんとに変。
恋愛に関わらず「好き」と言われて不愉快に思う人は少数だし、「好き」って言ったって私は何も失わない。
「好き」って言うことが「負け」なら、それでもいいじゃない。
「好き」って伝えることが「弱さ」を晒すことなら、どんどん弱くなればいい。
「好き」を伝えた誰かがどう思おうと、私の「好き」に変わりはない。
核心的なところは、そうぽろっと流れるように出てきてくれるものではなくて、その辺り、まだまだプライド高いのかしら、って思うけれど。

あれ、何の話だっけ。
みんな、恋すればいいよ。恋しちゃえ。
って、説得力なさそうな私が言っておきますね。
きっと、「好きっていいなよ。」も「東京タラレバ娘」も、今の私だから受け取れることがたくさんあるんだろうな。

* * *

最後は、新しい「弾いて歌ってみた」動画投稿のご紹介です。
合ってるかどうかはともかく、今までで一番早くコード譜作成できたので嬉しかったなぁ。
藤田麻衣子さんの新曲「秋風鈴」を、弾いて歌ってみました。


Youtube版はこちら(高画質でのご試聴をオススメします♪)


元にした動画はこちら。「緋色の欠片」の新しいゲームのPV。

ゲームはしたことがないけれど、映像と曲がとてもマッチしている気がします。
※こちらの動画におきましては、麻弥子に関するコメントはご遠慮ください。

相変わらず演奏技術が残念なのと、スマホで録音(撮影)しているので、ノイズだったり歌も聴きづらいところがあったりしますが、よろしければぜひご覧ください(ノ´ ∀`)ノ♪

コード譜も配布中です。
フルサイズではないので需要はあまりないかもしれませんが、気が向いたらぜひDLしてみてくださいね。
違和感のある箇所は、好みの音に置き換えてくださいませ♪

「秋風鈴」(コード譜)※クリックで新窓オープン

全ての「カバー楽曲の麻弥子流コード譜」は コチラ (クリックで新窓オープン)
ダウンロードはご自由に☆

コード進行は、ピアノベースで作っています。
ギターだと「なにこの進行、弾きづらっっっ!」ってなことになるかもしれません。
弾きやすいように変えてくださいませ♪

* * *

おまけな話。
関西滞在中に、友人が以前描いた絵を原画で見てみたくってお願いして見せてもらいました。
画像で見たよりも、色彩が細やかで、本当に素敵で、欲張りな私は「スキャンしてデータをもらえませんかー!」と(笑)
優しい友人は「いやもういっそ持って帰っていいよ」と、原画を私に持たせてくれました。
Twitterで初めてその絵を見たときに、静かで心地よい音が聴こえてくるようでした。
いつか、この絵に曲をつけて、この絵でMVを作らせてもらおうと思います。
フィンランドに行ったときの風景を描いていて、本当に素敵な絵なのです。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪
それでは、また(ノ´ ∀`)ノ☆
* * *
「来たよ」「読んだよ」の代わりに【拍手ボタン】をクリックして頂けたら嬉しいです。どなたがクリックしたかは通知されませんので、ぜひお気軽に♪コメントには全て返信いたしますので、こちらもお気軽に♪

プロフィール

麻弥子/mayako

Author:麻弥子/mayako
主にネット上で音楽活動しております。新作のお知らせや日々のあれこれについて記事を投稿しています。詳細は、ブログトップの記事「はじめに」をご覧ください。どうぞ、よろしくお願いします(ノ´ ∀`)ノ♪

何かございましたら、下記アドレスまでお願い致します。
mayako25☆gmail.com(☆→@)

※アイコンby ponko

最近の投稿作品

最新記事

カテゴリ

ニコ生コミュニティ

Twitter

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
▲ top